読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぶろぶろ

酒のない人生なんて

PMSとのうまい付き合い方

【スポンサーリンク】

こんばんは。うさうさです。

昨年秋頃から本格的にPMSではないかと思われる症状が出てきて困っていたんですよ。

f:id:mei-_-rin:20140429235728j:plain


Wikipediaでは以下のように定義づけられています。

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。

月経前症候群」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より
2014年4月30日(水) 0:01 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E7%B5%8C%E5%89%8D%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

私の場合、身体的な症状では、

  • 下腹痛
  • 乳房の張り
  • にきび
  • 便秘
  • 過剰な睡眠欲

精神的な症状では、

があり、月経1週間前あたりはかなりしんどかったです。


一時期漢方に手を出していたこともありましたが、正式に診断を受けた方がよいと思い、2ヶ月前に近所の婦人科で診てもらいました。
案の定PMSと診断され、低用量ピルを処方されました。

「え?ピルとか大丈夫なのかよ…。」

と初めは大変不安でしたが、周りの女性に聞いてみると月経痛軽減目的で処方してもらっている人がいて安心しましたね。


現在はこちらの低用量ピルを服用しており、28日で1シート、そのうち21日分はちゃんとした薬であり、残り7日分はダミー(プラセボ錠)となっています。

現在3シート目に突入していますが、月経前の身体的症状がほぼ出なくなり、また月経周期が一定になってきたのを実感しています。
服用初期にみられる副作用として、吐き気・動悸がありましたが、これも本当に初期のみでした。
定期的に診てもらい様子を見てる状態です。


他に生活上気をつけていることは、

ですかね。

カフェイン摂取を極力減らす

どうやらカフェインは精神的な症状を引き起こすらしいということが分かりました。

よって、まずカフェイン含有量が高いコーヒー、エナジードリンク、ココア、チョコレートの摂取をやめることにしました。

コーヒーを飲むのであれば、デカフェ(カフェインレス)にしています。
コーヒーショップだとスターバックス コーヒーやタリーズで頼めるし、通販でもよく売られています。

本当は全てやめたいのですが、紅茶だけはどうしても切れないですね。外食すると食後に出てきますしね。
紅茶は1日1杯と決めて飲んでいます。

布ナプキン使用

PMSと直接関係ないのでアレですが…月経前後のみ使ってみています。洗うのが若干手間ですが、蒸れないのがよいですね。
月経中は使用済みの保管と洗うことの手間を考えると、無理だなあ…。


これを読んで何かの役に立てればこれ幸いです。
それではまたね。

広告を非表示にする