読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぶろぶろ

酒のない人生なんて

年収が半分になったら生活は変化するのか?

【スポンサーリンク】

先日こちらの記事を読んだ。www.gruri.jp

この記事に出てくる人たちほどではないが、私自身も一番給与を貰っていた9年前と比較すると、現在はその当時の年収から約半分まで減少している。

実際私の生活は変わったのか?今回検証してみたいと思う。

f:id:mei-_-rin:20151018205802p:plain
画像元:いらすとや

目次

前提条件

職種

9年前
  • SE(主に上流工程を担当)
現在
  • Web関係

※ちなみにどちらも正規雇用である。

給与(手取り)の内訳

具体的な金額は記載しないが、前提条件として給与(手取り)の内訳をざっくり書いてみる。

9年前
  • 基本給(そんなに多くなかったはず)
  • 職能給(いくらだったか忘れた)
  • 家賃手当(基本給の10%程度)
  • 交通費(毎月1ヶ月分の交通費(定期代)が支給されていた)
  • 時間外手当
  • 賞与(年2回、大体基本給2ヶ月強の金額だった記憶がある)
現在
  • 基本給(9年前よりは多い)
  • 交通費
  • 時間外手当

各項目を比較

仕事量

9年前

一時期毎日6時間程度残業する日々が続いたことがある。4ヶ月くらい続いたかな。そうでない時期は毎日3時間くらい残業していた。
そうなると1ヶ月の残業時間は、6時間×20日=120時間ということになるのか。
60時間超えそうな場合は事前申請が必要だが、残業時間は事後申告で時間分全て支給された。

業務時間内はクライアントや業務さんとのやり取りに時間が取られてしまい全く自分の作業が出来なかったため、しょうがなく残業時間に資料を作っていたね。
セキュリティが厳しかったので持ち帰りはNGだったのも良かった。

現在

残業は時間も含めて事前申告。申告している残業時間は平均月10~15時間だが、実際は40時間くらい残業していると思う。

業務時間内はクライアントや…あれ、9年前と同じだ。ただ、9年前とは比べものにならないほど現在の方が責任重大だね。
技術の進歩で24時間どこでも仕事ができるよ!おうちでもカフェでも仕事ができる!
(もちろん機密情報を持ち出すこともないし、そもそも外部のネットワークから見られるところに置いていない)

休日

9年前

一番忙しい時は家で寝ているだけだったが、それ以外は友達や当時の彼氏と出かけたり、大学時代のサークル関係の集いにも顔を出したり色々動き回っていた。

  • ディズニーリゾート:年2~3回行っていた。
  • 国内旅行:年1~2回行っていた。
現在

友達が20代後半で大方結婚したこともあり、疎遠になってしまった。少し寂しい思いもあるが、交際費がほとんどかからなくなったので逆にありがたかったりする。
本当は行きたいところ、やりたいことがたくさんあるけど、面倒だったりお財布が寂しかったりで何も出来ていない。

  • ディズニーリゾート:1日中歩き回ると疲れるので行きたいと思わなくなった。
  • 国内旅行:安く済まそうとしても宿代や交通費などで2万はかかるので、正直誘われると躊躇してしまう。

まずはお金のかからないストレス発散法や趣味の模索かなー。

そういや以前もこんな日記書いてたわ。この頃みたいにまた早起き生活に挑戦しようかしら。usausa-vc-v.hateblo.jp

食事

9年前
  • 朝:コンビニで買ったおにぎりorパン@会社のデスク
  • 昼:弁当屋で買った弁当or社内食堂の定食or外食(1,000円程度)
  • 夜:外食(食べてから仕事に戻る)orコンビニで買った弁当・麺類

食費を意識するようなことは一度もなかった。
その当時は一人飲みの習慣がなかったので現在より食費がかかっていなかったように思う。
一番忙しい時期は飲みに行く暇もなかったしね。

ストレス発散でお菓子ばっかり食べていたので現在より数キロ太っていたかもなあ…。

現在
  • 朝:納豆ごはん@自宅(たまにコンビニで買ったパン@会社のデスク)
  • 昼:持参弁当orコンビニで買った弁当・麺類or外食(1,000円程度)
  • 夜:自炊orスーパーで買った割引弁当・麺類(たまに飲み)

自炊や弁当作りを増やす努力をしている。ただ、疲れていると朝弁当を用意するのも面倒なんだよね…。
会社の近所では外食できる店が少ないのが困りもの。

usausa-vc-v.hateblo.jp

衣類・美容

9年前
  • 洋服のブランド:INDIVIINED組曲、ROPÉ、UNTITLED、aquagirlなど
  • 美容院:某オサレスポットの単価が高いサロンに通っていた。女子力高いゆるふわヘア。
  • 化粧品:基礎化粧品はCLINIQUE。他はJILL STUARTなど
  • ネイル:カルジェルをやっていたことがある

9年前は見た目の女子力を高めることに力を入れており、男性に言い寄られたりしたことも多々あったが、所詮は「若さ」のせい。当時それが分かっていれば…。この辺りはまた今度。

現在
  • 洋服のブランド:INDEX、ROPE' PICNIC、ViS、AG by aquagirl、N.Natural Beauty Basic、GUなど
  • 美容院:以前2,000円カット店に通っていたがあまりに酷い髪型にされたことがあり、最近は近所の美容院に通っている。クーポン必須。
  • 化粧品:基礎化粧品は無印で化粧水、ホホバオイルを使用。他にTHREEも好きなんだけどもう全部無印でそろえようかな。

最近は銀座インズで洋服買うことが多いね。一通り揃ってて便利。www.ginza-inz.co.jp

住居

9年前と現在では家賃は特に変化がない。
現在7万円台なので5万円台の部屋に引っ越すべきなんだろうが、住居レベルだけはどうしても下げられないのだ。
管理費がばかみたいに高いし、住民のマナーが悪く、部屋がせまいのだが、立地と宅配ボックスがあるという理由でしばらく住み続けそうだ。

貯蓄

9年前

意識せずとも勝手に貯まっていった。おかげで奨学金が全額返納できた。

現在

毎月いくらか定期的に自動振込サービスを利用して貯蓄用口座にうつしているが、これだけだときつい。
投資するにしても元手がないとねー(以前国内株式、投資信託を経験済み)

今夏まで副業で稼いでいたりもしたが、平日副業に回せる時間がなくなってしまったので、泣く泣く断念した。

結論

変わらない。
変わるのではなく、変えようとしないと生活水準を落とすことはできない。

まだまだ支出が多いので支出を見直そう。
通信費についてはこの辺や格安スマホ、格安SIMに変更したおかげで大分抑えられた。usausa-vc-v.hateblo.jp


今の職場にもいつまでいるか分からないし、本格的にお金を増やしていかないと。